自宅で歌唱力を上げるために必要なもの

録音して客観的に聴く

問題点の把握が大事

自宅で一人で歌の練習をしていると、自分の歌唱のどこにどのような問題が潜んでいるのがイマイチわかりません。
これが、自宅で練習する際の最大の難点であり、逆に言いますと、この問題を解決することができれば、ぐっと飛躍的に歌唱力をアップさせることも夢ではありません。

まずは、自宅にあるCDレコーダーやスマートフォンのアプリなどを用いて、自分の歌を録音してみましょう。
歌っている間はどうしても感情移入してしまって、細かな部分の良し悪しに気づきにくいものです。
録音したものを客観的に聴くことで、細かな部分の発声や音程などに耳を傾けることができるでしょう。

また、録音したものを聴いてみると、自分の声質というものを知ることもできます。
曲に合わせた声質づくりにも役立ちますので、ぜひ録音して研究してみましょう。

耳を鍛えることの大切さ

録音した自分の曲を聴いてみるメリットとしては、耳を鍛えることに繋がるという点も挙げられます。
何度も繰り返し録音したものを聴いているうちに、自然と歌がどのようになっているのか、分析する力というのが身につけられます。
上手なボーカリストは、基本的に耳がよいのも条件で、聞いた歌の良し悪しというのを瞬時に判断することができます。

録音した自分の歌の一言一句をしっかりと聞いて、それがどうであるのかを考えてみましょう。
また、憧れのアーティストなどと自分の歌を聴き比べてみるというのも、よい練習法の一つです。
違いをしっかりと分析することができるようになれば、自ずと歌唱力のアップにも繋がっていきます。

しっかりと録音して客観的に判断することで、自分の個性などに気づくことができ、それを伸ばしていくのにも役立つでしょう。


この記事をシェアする