自宅で歌唱力を上げるために必要なもの

歌唱力を向上させよう!

リップロールの重要性

リップロールというのは、唇を閉じたまま息を吐き出すことにより、ブルブルと唇を震えさせる状態のことです。
このリップロールは、ボイトレの基礎的でポピュラーな練習方法になりますので、積極的に取り入れてみるとよいでしょう。

ではなぜ、このリップロールがボイトレの練習をおこなううえで大切なのかと言いますと、リップロールをおこなうことで正しい発声を身につけることができるからです。
リップロールをすることにより、表情筋のリラックス効果が得られたり、横隔膜が鍛えられたりと、歌をうたううえで重要な筋肉に、よい効果が得られるのです。
結果として、このリップロールをおこなえば、正しい発声を身につけることができ、効率的に歌唱力をアップさせられるでしょう。

腹式呼吸をマスターしよう

腹式呼吸というのは、胸部から息を吐き出すのではなく、お腹の中にかけて息を吸ったり、逆に吐いたりする呼吸方法で、広く周知されている言葉のため、ご存じの方も多いでしょう。

ボイトレをするにあたっては、この腹式呼吸を取り入れながら歌うことが非常に大事になってきます。
腹式呼吸の場合には、胸の筋肉を使う必要がないため肩や首をリラックス状態に保ちやすく、声帯に負担をかけることがなく歌うことができるからです。
声帯を楽にしてあげられることにより、声のもととなる空気の量を自在に調整させることが可能で、それにより声に安定感をもたらしてあげられます。
結果として、声量を増やすことができたりと、歌を上手に聴かせることができるのです。

普段から、お腹を膨らませる呼吸のイメージを大切にし、練習に励んでみましょう。


この記事をシェアする